July 16, 2019 / 3:04 AM / a month ago

英テムズ川で「女王の白鳥」調査がスタート、800年続く伝統行事

 英国で15日、女王が所有する白鳥の個体数を調査する恒例の年中行事「スワン・アッピング」が始まった(2019年 ロイター/Toby Melville)

[シェパートン(英国) 15日 ロイター] - 英国のテムズ川で15日、800年間続いている恒例の年中行事で、エリザベス女王が所有する白鳥の個体数を調査する「スワン・アッピング」が始まった。伝統的な制服に身を包んだ担当者らが、5日間にわたり調査を行う。

調査を担当するスワンマーカーのデービッド・バーバー氏は、すべての白鳥の家族を「水から引き上げ、陸に運び、身体を測定し、けががないか調べる」とロイターに語った。

この行事は、12世紀に英王室がすべてのコブ白鳥の所有を宣言した時に始まった。当時は白鳥は会食で振舞われていた。現在では食用に供されておらず、法律で保護されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below