for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英南部の城で盗難事件、歴史的遺品1.5億円相当が盗まれる

英国南部のアランデル城で盗難事件があり、1587年に処刑されたスコットランドのメアリー女王が保有していた1億5400万円相当の歴史的遺品が盗まれた。写真は同女王のデスマスク。2006年8月撮影(2021年 ロイター/David Moir)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国南部のアランデル城で盗難事件があり、1587年に処刑されたスコットランドのメアリー女王が保有していた金のじゅず玉など、展示されていた100万ポンド(1億5400万円)相当の歴史的遺品が盗まれた。

メアリー女王は王位を追われて幽閉され、いとこのエリザベス1世の命令で処刑された。

他に盗まれたのは、戴冠式を記念したマグカップや金・銀製品など。城の職員が21日夜に盗難に気づき、警察に通報した。警察は盗難直後に乗り捨てられた四輪駆動車を調べているという。

警察は、じゅず玉は金属としての価値はほとんどないが、歴史的に「かげかえのない」遺品だとし「歴史的に非常に重要なさまざまな物が盗まれた」とコメントした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up