August 3, 2018 / 5:43 AM / 5 months ago

英キャット・オブ・ザ・イヤー、血栓症飼い主を救ったぶち猫が受賞

 8月2日、英国の今年の「キャット・オブ・ザ・イヤー」が発表され、血栓ができたのに気づかず眠ろうとしていた飼い主の顔を一晩中なで続け、就寝中の死亡から救ったぶち猫の「テオ」が選ばれた。写真は、飼い主の消耗性疾患の発症を知らせて受賞した黒猫のトビー(2018年 ロイター)

[ロンドン 2日 ロイター] - 英国の今年の「キャット・オブ・ザ・イヤー」が2日発表され、血栓ができたのに気づかず眠ろうとしていた飼い主の顔を一晩中なで続け、就寝中の死亡から救ったぶち猫の「テオ」が選ばれた。

飼い主のシャーロット・ディクソンさんは翌朝に倒れ、救急車で病院へ搬送。「救急医療隊員には、『血栓症の症状がある。眠らなくて良かった』と言われた。眠っていたら、二度と目が覚めなかったかもしれない」と話した。

テオは心臓病を患っており、受賞の数日前に死亡。ロンドンのサボイホテルで行われた授賞式にはディクソンさんが出席した。テオは子猫の頃に深刻な病気を患い、飼い主の看病で命を取り留めた猫だった。

他にも、飼い主が心の病を克服する手助けをした鉢割れ猫のアーサーと、飼い主の消耗性疾患の発症を知らせた黒猫のトビーが受賞した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below