February 15, 2019 / 7:02 AM / a month ago

英国人が最も幸福なのは10代と定年時期=統計分析

2月13日、英独立系シンクタンク、レゾリューション・ファンデーションが発表した統計分析で、英国人が最も幸福と感じる年齢は16歳と70歳であることが分かった。写真は2017年11月に撮影(2019年 ロイター/Regis Duvignau)

[ロンドン 13日 ロイター] - 英独立系シンクタンク、レゾリューション・ファンデーションが13日に発表した統計分析で、英国人が最も幸福と感じる年齢は16歳と70歳であることが分かった。

分析では、10代の英国人は20代に比べてすべての主観的幸福のレベルが上となった。一方、50代半ばから定年に向かう時期には、主観的幸福の全項目で急上昇が見られた。

この分析は「いま幸福ですか」と題され、国立統計局(ONS)が2011年にキャメロン政権下で統計を開始した主観的幸福についての7年分のデータを分析した。

その結果、定年後世代の多くが20代より幸福度が高く、自尊心が強かった。

幸福度はまた、雇用、身体の健康、住宅の所有、パートナーがいること、女性であることによっても上昇すると分かった。

地域別では、北アイルランドの住民が、幸福度、満足度、生きがいにおいてトップ、ロンドンの住民は幸福度意外の全項目で最下位だった。

レゾリューション・ファンデーションの研究・政策アナリスト、ジョージ・バンガム氏は、「この重要な指標は、1国の国内総生産(GDP)よりも生活のほうが意味を持つ一方で、我が国経済の背後に存在する雇用や収入傾向も、幸福度に大きな違いを生じさせる可能性があることを示している」と述べた。

また「幸福度上昇に関心をもつ政策担当者が増えていることは心強い。経済の中核政策が効果的な幸福度上昇につながることが示された」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below