for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブロードコムの11─1月売上見通し、市場予想上回る 100億ドル自社株買いも

12月9日、米半導体大手ブロードコムは、第1・四半期(11─1月)の売上高が76億ドルになるとし、アナリスト予想平均(72億5000万ドル)よりも強気の見通しを示した。写真は3月、カリフォルニア州アーバインで撮影(2021年 ロイター/Mike Blake)

[9日 ロイター] - 米半導体大手ブロードコムは9日、第1・四半期(11─1月)の売上高が76億ドルになるとし、アナリスト予想平均(72億5000万ドル)よりも強気の見通しを示した。さらに100億ドルの自社株買いも発表した。株価は時間外取引で6.6%上昇した。

アナリストは、通信会社の高速通信規格「5G」導入に伴い、ブロードコムの無線や通信インフラ向け半導体製品の需要増加が見込めると指摘。ブロードバンド部門も堅調を維持すると予想されている。

コロナ禍でテレワークと出社を組み合わせたハイブリッド型勤務が進んでおり、それに伴うデータセンターやサーバー用半導体需要の増加も同社収益に貢献すると期待されている。

この日発表した第4・四半期決算は、売上高が15%増の74億1000万ドルで、市場予想(73億6000万ドル)を小幅上回った。1株当たり利益は7.81ドルで市場予想を上回った。

ホック・タン最高経営責任者(CEO)は決算発表後の電話会議で、第4・四半期に法人需要が30%超回復したと説明。半導体ソリューション部門は今四半期に17%の売上高増加が見込めると述べた。

同社はアップルやサムスン電子などの大手企業を顧客に抱える。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up