February 13, 2020 / 7:58 PM / 7 days ago

新型肺炎、エネルギー市場への影響は限定的=米エネ長官

ブルイエット米エネルギー長官は13日、中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大によるエネルギー市場への影響はこれまでのところ限定されているとの認識を示した。リオデジャネイロで2日撮影(2020年 ロイター/PILAR OLIVARES)

[リスボン 13日 ロイター] - ブルイエット米エネルギー長官は13日、中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大によるエネルギー市場への影響はこれまでのところ限定されているとの認識を示した。

ブルイエット長官は訪問先のポルトガルで、中国のエネルギー輸入は幾分「減速」しており、感染拡大が高水準で継続した場合は影響は大きくなると警告しながらも、「現時点では影響は限定されている」と述べた。

その上で、中国の需要が市場全体の0.5%に相当する日量50万バレル減少したとしても「価格が劇的な影響を受けることはない」と語った。

国際エネルギー機関(IEA)はこの日に公表した月報で、新型ウイルスの感染拡大により第1・四半期の世界原油需要は前年同期比で日量43万5000バレル減少すると予想。2009年の金融危機以来初めて四半期ベースで減少する見通しを示した。

このほか、アナリストの間では新型ウイルスによる世界需要への影響は最大1%に達するとの見方も出ている。

ブルイエット長官はこうした見通しについて、昨年9月に発生したサウジアラビアの石油施設への攻撃を受けても原油価格はそれほど大きく上昇しなかったとし、「10年、12年前だったら原油価格は急騰していた」と指摘。「世界的な原油消費の1%減少は、現在の状況下ではそれほど有意なものではない」と述べた。

このほか、気候変動に関する米国の政策については、トランプ政権は大規模な風力発電と太陽光発電で恒常的に送電網に供給できるような技術の開発を目指しているなどと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below