September 9, 2018 / 12:18 AM / 2 months ago

コラム:記者から女性パイロットへ、私が転身を決めた訳

[4日 ロイター] - 乱気流に遭遇していた。十字線のクロス部分が中心に合うよう、ジョイスティックを操作した。片方のヘッドフォンからはカウントダウンが聞こえている。

 9月4日、私はジャーナリストとして、常にスピードと正確さ、普通の人とは違う時間に働くための訓練を受けてきたが、もっとやるべき仕事があるような気がしていた。欧州の航空会社を5年間取材してきた私は、操縦室で働きたくなっていたのだ。写真は8月、ベルリン近郊でセスナ機を操縦するビクトリア・ブライアン氏(2018年 ロイター)

「550、545、540、535、532」──。数値の減り方が変わったことを確認したことを示すべく、私はジョイスティックのボタンを押した。

赤い丸で囲まれた「4」の数字が視野の左に浮かび、反対側の耳から聞こえる警告と同じ内容を伝えている。コンピューターのキーパッドの赤いボタンと「4」のキーを叩く。システムは私の反応時刻を記録する。

これらは、民間航空機のパイロットに必要なスキルの有無を評価する試験の一部にすぎない。もちろん、すべて同時進行だ。

マルチタスクは、私が実証しなければならないスキルの1つだ。私はジャーナリストとして、常にスピードと正確さ、普通の人とは違う時間に働くための訓練を受けてきたが、もっとやるべき仕事があるような気がしていた。欧州の航空会社を5年間取材してきた私は、操縦室で働きたくなっていたのだ。

それが可能かを調べるために、私は実際にジェット機を離陸させ、数学と物理学を勉強し直し、驚くほど高額の訓練費用を返済できる可能性を計算した。

私の決意は揺らがない。

第1に、飛ぶスリルがある。空を飛ぶことに魅了されたのだ。世界には民間機パイロットが不足している地域があるが、そのことは私の決断には関係なかった。それよりも重要だったのは、何年に及ぶ取材で、航空産業におけるジェンダーの不均衡の大きさが非常に明確になっていた。私は、そのような状況の是正に一役買いたいと思っている。

スミソニアン国立航空宇宙博物館によれば、女性が史上初めて飛行機を操縦したのは1908年だ。だが1970年代までは、女性の役割は、大半が自家用機の操縦や支援業務に限られていた。

航空会社のパイロット10数人を非公式に調査したところ、操縦室における女性不足の原因として挙がったのは、ロールモデルとなる先駆者の不在、家庭的な事情、そしてパイロットは男性の仕事だという思い込みの存在だ。

「子どもが病気でも、200人の乗客を置き去りにして飛んで帰ることはできない」と友人の女性パイロットは言った。

インスタグラムを検索すれば、フライトについて投稿する男女のパイロットが見つかるだろうが、少なくとも英国や米国に関する限り、数字の上では違う状況が見えてくる。航空関連当局のデータによれば、米英両国で、航空会社のパイロットに占める女性比率は4%にすぎない。

<先駆者の呼びかけ>

パイロットを目指そうと思い立ったのは、昨年のことだ。私が記者として参加した航空会社の記者会見では、視野に入る女性が、ステージ上で写真撮影に臨む男性幹部らの脇でポーズを作る客室乗務員のみ、という状況が数え切れないほど多かった。

ベルリンで3月開催された旅行フェアで、私はこのテーマを巡り、独航空会社ルフトハンザの広報担当者と激しく議論することになった。ルフトハンザでは30年にわたって女性パイロットを採用しているが、同社パイロットの女性比率は7%にとどまっている。

では、なぜルフトハンザを筆頭とする航空各社は、自社が示すロールモデルを変えようとしないのか、と私は質問した。なぜ記者会見に登場する女性は客室乗務員だけなのか。ルフトハンザの広報担当者は、これまでの慣例にすぎない、と言った。だが私には、自分の質問が的確だったことが分かった。

最近では、イージージェットの機長マーニー・マンズ氏にも、この話題を振ってみた。彼女の考えでは、パイロットを職業選択肢の1つとして考える女性がほとんどいない理由の一端は近年、機長や副操縦士が防弾扉で閉ざされた操縦室に引きこもっているからだと指摘した。

イージージェットでは、乗客が操縦室を自分の目で見られるよう、飛行機が地上にいる場合には操縦室の扉を開放しておくことをパイロットに推奨している。

6歳と9歳の娘を持つマンズ氏は32歳で機長に昇格し、それから家庭を築いた。夫もパイロットで、2人ともパートタイムで働きつつ、育児を分担している。

「今や、屋上に登って『女性でもパイロットになれる、どうしてやろうとしないのか。それによって素晴らしいチャンスが得られる』と叫ぶべきときだ」と彼女は私に言った。「子どもができても降格させられない。脇役に甘んじている必要はない」

イージージェットのパイロットたちは昨年、新たなパイロット志願者を募るため、欧州各地で150もの学校訪問を行った。英国では、ブラウニー(7─10歳の少女)向けのパイロット記章も製作した。またルフトハンザの女性広報担当者によれば、もっと多くの女性パイロットを採用しようと積極的に動いているという。

パイロット志願者にとって、主なリスクは金銭面だ。初期訓練には13万ドル(約1440万円)の費用がかかる。この費用を航空会社が負担することはめったにない。費用調達するために学生が自分でローンを組むか、両親が住居を抵当にしてローンで肩代わりすることが多い。

<枠を破る>

旅行フェアでの記憶は私に付きまとっていた。私はパイロットの友人に、ルフトハンザ職員との会話について話した。

「どうして君自身がパイロットにならないのか」と彼は言った。

「今からめざすには年を取り過ぎているから」と私は答えた。私は30代半ばだ。

「それは違う」と彼は言った。機長である彼は、40代になってから仕事を始めた副操縦士とのフライトを経験していた。

私はパイロット養成学校を探した。私は2人乗りの「セスナ152」でベルリン上空を飛び、離陸操作を学び、郊外の上空を飛んだ。教官によれば、離陸するや否や怖じ気づき、早く地上に戻りたがる人もいるという。だが、私はそうではなかった。

かつて泳いだことのある青緑色の湖を上空から眺めることは、素敵な気分だった。風力発電所の近くで大きく機体を傾け旋回したときの眺めは、めったに見られないものだ。何度か乱気流で揺れたことはあるが、それもスリルを増したにすぎない。

昨年1年、私は英国やドイツのパイロット養成学校3校を訪れた。私が出願した英国における2日間の入学選抜試験では、それぞれの10─12人の受験者のうち、女性は私を含めて2人だけだった。

独パイロット養成学校の一般開放日に訪問したときには、受付担当者が、私を隣にいた若い男性の付き添いだと勘違いしていた。

公正を期して言えば、状況は変化しつつある。

私が議論を吹っかけたルフトハンザの広報担当者は先日、あの時の議論を理解できるようになった、と言ってきた。それ以来、記者会見などのイベントで行われる写真撮影の際に、客室乗務員やパイロットが参加可能な場合、男女双方が登場するよう配慮しているという。これは私も証言できる。実際に2月、何度かそれを目にしたからだ。

私は冒頭に紹介したマルチタスクの訓練を終え、その他さまざまな評価に合格し、この9月、絶え間なく学習と試験、検証が続く新しい人生へと足を踏み出した。遠からず、読者が機内放送で私の声を聞く機会が来ることを願っている。

そのときには、はっきりと大きな声で話したい。

Slideshow (2 Images)

*筆者は12年間、ロイターのジャーナリストとして英国とドイツで勤務した後、まもなく民間の航空パイロットとしての訓練をスタートする。

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。(翻訳:エァクレーレン)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below