February 28, 2018 / 4:02 AM / 8 months ago

衆院予算委、2018年度予算案を可決

[東京 28日 ロイター] - 衆院予算委員会は28日、2018年度予算案を与党の賛成多数で可決した。予算案は衆院本会議で可決された後、参院での審議に移る。参院送付後30日での自然成立を定めた憲法の規定により、予算案の年度内成立が確定する。

共同通信によると、立憲民主党などの野党は、予算委の採決日程を職権で決めた河村建夫委員長(自民)に対する解任決議案を提出した。予算案を採決する衆院本会議の開催は28日夜となる見通しだ。

18年度当初予算は、一般会計総額が97兆7128億円と過去最大を更新したが、バブル期並みの税収を見込み、新規国債の発行額を抑制した。税収が政策経費を上回るのは2008年度以来となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below