December 18, 2018 / 9:41 AM / 3 months ago

公債依存度32.2%に、PB赤字は9.2兆円に改善=19年度予算で政府筋

 12月18日、2019年度予算案の全容が判明した。写真は1万円札、2011年8月撮影(2018年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 18日 ロイター] - 2019年度予算案の全容が判明した。一般会計の歳出総額を101兆4600億円とする一方、税収や税外収入で財源を積み上げ、新規国債の発行額を32兆6600億円と、18年度当初から1兆0300億円減額する。公債依存度は32.2%と18年度の34.5%から低下し、基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)も前年度の10.4兆円から9.2兆円の赤字に改善する。

複数の政府筋が18日、明らかにした。歳出の内訳は、国債費23兆5100億円、地方交付税交付金15兆9900億円。消費税率10%への引き上げに伴う増税対策2兆0300億円を盛り込み、一般歳出は61兆9600億円に膨らむ。

臨時・特別の措置として計上する増税対策を除いた予算額は、総額で99兆4300億円、一般歳出で59兆9400億円となる。

財源には税収62兆5000億円に加え、預金保険機構の純剰余金8000億円など税外収入6兆3000億円を充て、国債発行額を9年連続で減額する。増税対策を除けば新規国債の発行額は31兆8800億円となり、一般会計PBも、8.4兆円の赤字まで改善する。

山口貴也 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below