for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フランスでハンバーガー人気、販売数が定番バゲットサンド上回る

 3月20日、フランスの外食コンサルタント会社の調査で、昨年フランスで食べられたハンバーガーの総数が、フランスの定番サンドイッチである「ジャンボン・ブール」を初めて上回ったことが明らかになった。写真は昨年9月ニースで撮影(2018年 ロイター/Eric Gaillard)

[パリ 20日 ロイター] - フランスの外食コンサルタント会社の調査で、昨年フランスで食べられたハンバーガーの総数が、フランスの定番サンドイッチである「ジャンボン・ブール」を初めて上回ったことが明らかになった。

コンサルタント会社「ジラ・コンセイユ」の調査によると、昨年販売されたハンバーガーの総数は14億6000万個で、10年前の14倍。一方、バゲットにハムを挟んだジャンボン・ブールは12億2000万個だった。

ジラ・コンセイユのディレクター、ベルナール・ブーブールさんは「ジャンボン・ブールはフランスの伝統だ。でもフランス人は今やハンバーガーに夢中だ。ファストフード店からミシュランの星付きレストランまで至る所でみかける」と話す。

ブーブールさんによると、フランスのレストランの80%が少なくとも1種類のハンバーガーをメニューに載せているが、多くはフランス流に高品質な肉とパンを使っている、と指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up