for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士重、戦闘ヘリ発注中止で防衛省にライセンス料支払い要求へ

 [東京 2日 ロイター] 富士重工業7270.Tは、防衛省に対して戦闘ヘリコプターの発注が当初予定の62機から10機へと大幅に縮小したことによる必要経費負担を要望することが2日明らかになった。富士重の広報担当者が話した。

 防衛省は01年、戦闘ヘリ「AH1S」の後継機として「AH64D」を計62機導入することを決め、富士重工に伝えた。しかし1機約60億円と従来機の2倍の高額だったうえ、年々価格が上昇したため、02─07年度に計10機を発注した後、「厳しい財政事情をかんがみ発注を中止した」(防衛省広報担当)。 

 富士重工は、米ボーイングBA.Nが保有するAH64Dの生産に必要なライセンス料を、62機分支払い済みであったため、回収できなくなったライセンス料について国に支払いを求める考え。

 2日付の朝日新聞朝刊は、富士重が防衛省に対して500億円弱の支払いを求め、2─3カ月間で支払い意向が得られない場合、民事訴訟を起こす構えだと報じている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up