for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ポルトガル格付けを2段階引き下げ、一段の緊縮策必要=ムーディーズ

 [ロンドン 13日 ロイター] 格付け機関ムーディーズは13日、ポルトガルの格付けを「AA2」から「A1」に2段階引き下げた。見通しは「安定的」とした。

 ムーディーズは格下げの理由について、債務増大や経済成長が低水準にとどまるとの見通しに基づくものと説明し、2011年予算にさらに厳しい緊縮策を盛り込む必要があるとの考えを示した。

 これを受け、13日序盤の欧州市場ではユーロが下落したが、ムーディーズの措置はスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)に追随したものにすぎないとの見方から、金融市場絶版的には反応が乏しかった。

 S&Pは4月にポルトガルを2段階格下げし、「Aマイナス」としている。

 ムーディーズは格下げに関する声明の中で、5月に着手した見直しの結果、「ポルトガルの債務状況は少なくとも今後2―3年にわたり悪化が続き、債務の対国内総生産(GDP)比率は90%、歳入に対する比率は210%に近づくと判断した」として、「ポルトガル経済の中期的な成長余地についても引き続き懸念している」と述べた。

 さらに、構造改革が中長期的に実を結ばないかぎり、見通しは比較的弱いものにとどまるだろう、と指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up