for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米バンカメ第2四半期の1株利益は予想上回る、クレジット損失引当金が減少

 [シャーロット(米ノースカロライナ州) 16日 ロイター] 米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)BAC.Nが発表した第2・四半期決算は減益となったものの、クレジット損失引当金が4四半期連続で減少したことを背景に1株利益が予想を上回った。

 7月16日、米バンク・オブ・アメリカは第2・四半期の純利益は31億ドル(1株当たり0.27ドル)となり、前年同期の32億ドル(同0.33ドル)から減少したと発表。写真は1月19日、米ノースカロライナ州で(2010年  ロイター/Chris Keane)

 純利益は31億ドル(1株当たり0.27ドル)で、前年同期の32億ドル(同0.33ドル)から減少した。

 ただ、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想の0.22ドルを上回った。

収入(支払利息抜き)は294億ドル。前年同期の331億ドルから11%減となった。

 非金利収入は23%減の162億ドル。

 クレジット損失引当金は81億ドルと、前四半期から17億ドル、前年同期から53億ドルそれぞれ減少した。

 また、非中核資産売却に伴う税引き前利益11億ドルが計上された。

 バンカメは公的資金の返済に向け、年末までに資産売却を通じ30億ドルを調達する必要がある。

 第2・四半期、バンカメの株価は20%下落した。 

 傘下メリルリンチの純利益は3億1600万ドルと、前四半期の3億5900万ドルから12%減少した。前年同期からは39%増加した。

 総顧客資産は3050億ドルと、前四半期から3%増、前年同期からは27%増加した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up