for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独シーメンス、ユーロスターに新型鉄道車両10編成を供給へ

 10月7日、独シーメンス(写真)はユーロスターに次世代車両10編成を供給する見通し。昨年11月撮影(2010年 ロイター/Tobias Schwarz)

 [ロンドン 7日 ロイター] ドイツの総合電機会社シーメンスSIEGn.DEは、英国と欧州大陸を結ぶ国際高速鉄道ユーロスターに次世代車両10編成を供給する見通しとなった。

 ユーロスターは7億ポンド(10億ドル)規模の車両投資を計画しており、今回の発注はその一環。これまでは仏アルストムALSO.PAが車両を供給していた。

 ユーロスターは7日、競争入札を経て、シーメンスに新車両の供給を発注することを決定したと発表。最終的な条件交渉が残っているとした。契約の金額は公表しなかった。

 ユーロスターは、フランス国鉄(SNCF)、ベルギー国鉄(SNCB)、英政府系鉄道会社LCRが保有している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up