for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送:国債暴落対応策練る自民「Xデープロジェクト」、日銀関係者と議論

 [東京 16日 ロイター] 国債暴落時の処方せんを取りまとめ、民主党政権に警鐘を鳴らすため自民党の財務金融部会に設置された「Xデープロジェクト」は16日午前、日銀関係者からヒアリングを行った。今後、金融庁や学識経験者からのヒアリングを経て3月末までに提言を取りまとめる。

 会合後記者団に話した宮沢洋一参院議員によると、日銀の企画局および金融機構局から3人が出席し、国債価格が長期間安定している背景や1990年以降4回発生している短期的な価格急落、今後長期金利が上昇した場合に大手行で想定される評価損の規模などについて説明があった。日銀側は、長期金利が1%上昇すると、大手行で2兆円の評価損が出ると説明。さらに国債価格が暴落する場合、国債を大量保有する金融機関による貸し渋りや貸しはがしが生じる可能性について対応策が課題との指摘もあったという。

 日銀側は、過去の価格急落局面ではいずれも短期間に価格が回復しており実体経済への影響は限定的と説明した。これに対して、宮沢氏は「過去4回は風邪だったかもしれないが、今度暴落する場合は動脈瘤破裂でないか」とし、実体経済への影響に懸念を表明したという。

 また、日銀側からは長期国債保有額を銀行券の発行内に収める「日銀券ルール」や、日銀による国債の直接引き受けは財政ファイナンスに当たるとしてこれを禁じる財政法について説明があった。これに対し、宮沢氏は、国債暴落局面での日銀による国債買い入れ増は財政ファイナンスに該当しないため可能ではないかと受け止めたという。

該当しないため可能ではないかと受け止めたという。

*見出しの表記を修正して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up