for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本と東電のCDSが再び上昇=マークイット

 [ロンドン 17日 ロイター] 17日の欧州市場で、日本のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)と東京電力9501.TのCDSが再び上昇している。先週の東日本大震災と相次ぐ原発トラブルを受けて、金融および経済への影響に対する懸念が強まっている。

 マークイットによると、日本の期間5年のCDSは前営業日終値から14ベーシスポイント(bp)ワイド化して118bpで取引されている。同CDSは15日に120bpを超えて過去最高水準をつけている。

 東電の期間5年のCDSは90bp急伸して385bpで推移している。同CDSは今週、400bpを上回る水準まで上昇している。先週11日の終値は40bpだった。 

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up