for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ポルトガルの長期格付けを「BBB」に引き下げ=S&P

 [24日 ロイター] 格付け機関のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は24日、ポルトガルの長期ソブリン格付けを「A―」から「BBB」に引き下げた。短期格付けは「A―2」に据え置いた。

 また、短期、長期格付けとも、引き続き引き下げ方向で見直すと明らかにした。

 S&Pは格下げの理由として、23日に政府の緊縮予算案が議会で否決されたことや、それを受けたソクラテス首相の辞任を挙げ、政治的不透明感が市場の信頼感を損ない、債務の借り換えリスクが高まる可能性があるためと説明。

 同社アナリストのEileen Zhang氏は「ポルトガル国債に対する投資家の投資意欲が明らかに冷え込んでいるため、次期政権は改革に関する提案の一部を採用する以外に選択肢はないだろうが、時期は遅くなるだろう」と述べた。

 S&Pはまた、欧州安定メカニズム(ESM)に関する欧州レベルでの議論もポルトガルの格付けに影響を及ぼしているとした上で、ESMの詳細が発表されれば、格付けをさらに1段階引き下げる可能性がある、と明らかにした。

 その理由として、ESMに基づきポルトガル債の保有者が債務再編や返済の猶予を強いられる可能性や、ポルトガル債の流動性が著しく低下する可能性があるためと指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up