for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱UFJモルガンが11年3月期1450億円の赤字、人員削減へ

 [東京 21日 ロイター] 三菱UFJフィナンシャル・グループ8306.T傘下の三菱UFJモルガン・スタンレー証券(秋草史幸社長)は21日、親会社の三菱UFJ証券ホールディングスに対する300億円の第三者割当増資を実施し、資本増強すると発表した。

 金利や為替、デリバティブ(金融派生商品)などフィクストインカムの自己勘定取引の一部で、2011年1─3月期に993億円のトレーディング損失を計上し、11年3月期決算で1450億円の最終赤字になることが主因。大幅な損失を受け三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、リスク管理態勢の強化や人員削減、店舗の統廃合など経営の効率化を図る。

 11年3月期通期決算の当期損益が1450億円の赤字となる要因の大半は、トレーディング損失の計上で11年1─3月期の当期損益が1260億円の赤字になるのが主因。親会社、三菱UFJ証券HDの11年3月期当期損益は、500億円の赤字となる見通し。

 増資後の三菱UFJモルガン・スタンレー証券の自己資本規制比率は250%程度になる。払込期日は4月22日。 

 <問題以外のポジションの評価も見直し> 

 会見した三菱UFJモルガン・スタンレー証券によると、1─3月期に計上した993億円のトレーディング損失の原因は、市場商品本部において、1)相場を見誤った、2)問題となったポジションを圧縮するため損切りした、3)その他のポジションでも評価の甘い部分の評価を見直した──ことの3点。

 問題となったポジションの種類など詳細について三菱UFJモルガン・スタンレー証券企画管理本部の西本浩二・企画部長は「憶測を呼ぶためコメントできない」と繰り返し説明を拒否した。

 損失は1─3月期に発覚した。ただ、3月に発生した東日本大震災後の相場変動は、損失の発生とは関係ないという。問題のポジションは、2010年5月に米モルガン・スタンレーMS.Nとの合弁証券会社が発足する前から旧三菱UFJ証券で保有し取引していたもの。合弁発足に向けてモルガン・スタンレーとの統合比率を検討する際に、双方の資産査定をし、「一定の枠内でやろうと取り決めがあったが、じわじわと損失が膨らんだ」(西本氏)という。

 最終的に「体力に比べてポジションが大きすぎた。なぜ大きくなったかは、マーケットの動きで大きくなった」(西本氏)と説明した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の吉松文雄常務(企画管理本部長)は「そういうことをきめ細かく管理することが不足していた」とリスク管理態勢の甘さが損失拡大につながったとの認識を示した。今後は、リスク管理態勢の手法などモルガン・スタンレーに習う格好にしたいという。

  <自己勘定取引業務は一部縮小、人員は750人削減へ>

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、今回損失を計上した要因となった自己勘定取引業務を縮小する。市場商品部門には約540人が所属するが、このうち2割程度を削減する方針。削減か他部署への異動かなど対応の詳細は、現在検討している。

 全体の人員数は、2012年3月期に、モルガン・スタンレーとの合弁を発足した昨年5月と比べ約750人削減する予定。これは、すでに実施した270人の希望退職者の数を含んでいる。

 店舗数は、11年3月期末に87店舗だったのを12年3月期中に75店舗までに減らす。

 同社は、問題のポジションを圧縮し引当金を積んだため、これ以上の損失が発生することは想定していないとの見方を示した。三菱UFJ証券HDは28日に予定している決算発表で、経営責任の在り方や新たな経営体制について発表する。 

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、旧三菱UFJ証券を母体とし、モルガン・スタンレーの投資銀行(IB)部門が合流して昨年5月に開業した。法人向けのIB業務、中小企業向け業務、リテール業務などを行っている。出資比率は三菱UFJが6割、モルガン・スタンレーが4割。

 今回、三菱UFJ証券HDが引き受ける三菱UFJモルガン・スタンレー証券の株式は、モルガン・スタンレーとの出資比率を変えないため、配当受取り権や議決権はなく、残余財産の受取権のある株式となっている。

 今回の多額の損失計上を受け、モルガン・スタンレーとの関係について吉松常務は「全く変わらない。クロスボーダーM&Aなど案件は積み上がっている。より強固なものにしていきたい」と語った。

(ロイターニュース 江本 恵美;編集 宮崎亜巳)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up