for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギリシャ債デフォルトなら、ポルトガル格付けジャンク級に=ムーディーズ

 [アテネ 24日 ロイター] 格付け機関のムーディーズは24日、ギリシャがデフォルト(債務不履行)に追い込まれれば、ポルトガルやアイルランドの格付けは複数段階引き下げられ、ジャンククラスになる可能性があるとの見方を示した。

 欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域担当格付け責任者のアラスター・ウィルソン氏が24日、ロイターの電話インタビューに語った。

 同氏は「ギリシャのデフォルトは市場を大きく動揺させ、欧州全体の発行体の信用力に影響を及ぼす」とした上で、「ユーロ圏のソブリン格付けが一段と二極化し、強力な国は非常に高い格付けを維持するのに対し、弱い国は投資適格クラスの格付けを維持するのに苦労することになるだろう」と述べた。

 さらに、ギリシャがデフォルトを起こせば、次の焦点はポルトガルとアイルランドになるだろうと指摘。

 その場合、ポルトガルとアイルランドの格付けがジャンククラスになる可能性があるかとの質問には「可能性と言うならイエスだ。万が一ギリシャ債がデフォルトになれば、信用力が弱い国の格付けは複数段階引き下げられる可能性がある」と述べた。

 一方、スペイン、イタリア、ベルギーはポルトガルやアイルランドとは異なるが、市場の強い圧力にさらされる恐れがあり、格下げにつながる可能性もあると述べた。

 ギリシャ債が実際にデフォルトとなる確率についてはコメントしなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up