for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武田薬の糖尿病治療薬を使用停止に=仏安全当局

 [パリ 9日 ロイター] フランスの医薬安全当局は9日、武田薬品工業4502.Tの糖尿病治療薬「アクトス(Actos)」と「コンペタクト(Competact)」の2剤について、使用停止とする決定を下した。

 理由については、服用により膀胱(ぼうこう)がんにかかるリスクが多少高まるもようとの公式研究に基づくとした。

 当局は医師に2剤の処方を停止するよう伝えた。ただ、現在服用中の患者は、医師の診察が可能になるまで継続服用すべき、とした。

 アクトスは2000年に、コンペタクトは2006年に欧州で承認されており、フランスでは約23万人が使用しているとみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up