for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

5月貿易収支は8537億円の赤字、単月で過去2番目の赤字幅

 6月20日、5月貿易統計速報によると、貿易収支は8537億円の赤字となった。都内で5月撮影(2011年 ロイター/Toru Hanai)

 [東京 20日 ロイター] 財務省が20日に発表した5月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は8537億円の赤字となった。東日本大震災による生産の落ち込みを背景に自動車や半導体電子部品等の輸出が大幅減少したことが影響し、2カ月連続で大幅な赤字となった。

 単月の貿易赤字額としては、リーマンショック後の2009年1月(9679億円)に次ぐ過去2番目の赤字幅を記録した。5月としても過去最大の赤字幅。

 輸出は前年比10.3%減の4兆7608億円。減少幅も2カ月連続で2ケタの大幅マイナスを記録し、自動車(前年比38.9%減)や半導体等電子部品(同18.5%減)、自動車の部分品(同18.5%減)などの減少で、3カ月連続で減少した。

 輸入は同12.3%増の5兆6145億円だった。原粗油、液化天然ガス、非鉄金属などが増加し、17カ月連続で増加した。原粗油は30.7%、液化天然ガスは33.0%の大幅増となった。原発停止で火力発電用の原粗油や液化天然ガスが、数量ベースでも増加したことが影響した。

 輸入原油単価は前年比22.3%上昇の6万0794円/キロリットル、ドルベースでは同39.5%上昇の118.6ドル/バレルだった。

 地域別では、米国向け輸出は前年比14.6%減。4月の同23.3%減より、減少幅は縮小した。中国向け輸出は同8.1%減だった。減少幅は4月の同6.8%減に比べて拡大し、4カ月ぶりに1兆円を下回った。いずれも自動車輸出が大幅に落ち込んだ。対米自動車輸出は前年比43.5%減、対中国自動車輸出は前年比40.1%減だった。

 ロイターが民間調査機関を対象に行った調査では、予測中央値は7111億円の赤字。輸出は前年比8.4%減、輸入は同11.6%増だった。

 発表後、ドル/円がゆっくりと4銭ほど上昇したほかは、市場には特段の影響はみられなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up