for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

生産回復で7地域が景気判断を引き上げ=日銀地域経済報告

 [東京 4日 ロイター] 日銀は4日、全国各支店の景気報告をまとめた「地域経済報告(さくらリポート)」を発表、東日本大震災により景気判断を引き下げた関東甲信越、東北、東海など7地域について「供給面の制約の和らぎ、家計や企業のマインドの改善等を背景に持ち直し方向の動きが出ている」との判断を示した。

 7月4日、日銀は全国各支店の景気報告をまとめた「地域経済報告(さくらリポート)」を発表し、東北を含む7地域で「持ち直し方向の動きが出ている」との判断を示した。シャs人は2010年4月、東京の日銀本店前で(2011年 ロイター/Issei Kato)

 しかし、改善度合いには格差があり、関東甲信越と東北の被災地域は依然として厳しい状況にある、としている。

 震災で寸断されたサプライチェーン(供給網)が回復しつつある中、会見に臨んだ支店長からは、「生産はおそらくV字型回復局面にある」(早川英男理事・大阪支店長)との見方や「7─9月に生産は震災前の水準を回復する」(櫛田誠希名古屋支店長)との見通しが示された。ただ、原子力発電所の停止による中期的な電力不足や、中国・欧米など海外経済の減速が今後のリスク要因との指摘も出た。  

<生産は増加・持ち直し、消費はすべての地域で持ち直し> 

 前回の報告は「多くの地域で東日本大震災後の生産活動の障害等を背景に、慎重な見方が広がっている」としていた。今回の報告では、「震災に伴う下押し圧力が続いている」としながらも、全国9地域のうち、関東甲信越、東北、東海など、前回は判断を引き下げた7地域について改善を認め、近畿、四国の2地域については判断を据え置いた。

 各地域の状況を見ると、全体的に、復旧・復興努力の効果で供給面の制約が和らぎ、製造業の生産活動に持ち直しの動きが出ている。消費マインドも改善しており、耐久財販売などに増加の動きがみられる。

 生産については、震災後に大きく減少したものの、ほとんどの地域からは「増加している」または「持ち直している」などの報告があった。近畿からは「増加基調にあったが、震災の影響がみられている」との報告がでている。 供給面の制約が減少した結果、自動車・同部品、電気機械、一般機械など多くの業種で生産水準を引き上げる動きがみられた。

 自動車関連産業が多い東海地区の生産見通しについて、櫛田名古屋支店長は、生産の落ち込みで対応できなかった4─6月の受注に応える「挽回生産」に触れ、「7─9月に震災前の生産水準を確保して終わりということではなく、年度後半にかけて、上期で売れなかった分の生産を回復するプロセスが期待される」と指摘。「自動車業界は10月以降は増産モードに入ると思う」と語った。 

 個人消費については、全ての地域から「持ち直しの動きがみられている」などの報告があった。大型小売店販売額では、全地域で持ち直しや下げ止まりの動きがみられたほか、家電販売でも、九州・沖縄は弱かったものの、他の地域からは節電意識の高まりによる省エネ型家電の販売増加などの動きが報告された。   

 設備投資は、震災後の復旧需要の増加や、新製品対応投資等を積み増す動きがみられていることなどを背景に、7地域(北海道、東北、北陸、東海、近畿、中国、四国)から「持ち直し」などの報告があった。また、関東甲信越も「弱めの動きが続いているが、震災で被害を受けた地域を中心に毀(き)損設備を復旧させる動きがみられているほか、震災直後にいったん先送りした投資案件を当初計画通りに実施する動きもみられ始めている」という。

<原発停止なら中期的電力不足に> 

 生産や消費の持ち直しに比べ、雇用・所得環境については、多くの地域から引き続き厳しい状況にあるとの報告があった。今夏の電力供給制約の影響については、大口需要家(製造業)の対応をみると、東北電力、東京電力管内の企業は使用最大電力の15%節電に様々な努力を行っており、生産活動への影響は限定的としている。ただ、電子部品・デバイスメーカーなどが集積する地域からは「大口需要家に電力使用制限が行われれば、制限緩和措置次第では生産面への影響が避けられない」といった不安の声も一部に聞かれるという。  

 関西では、関西電力の15%節電要請で、東日本から関西への企業誘致などは進めにくくなったうえ、原子力発電所への依存度が5割と高いため、「仮に原発が全面停止となれば市民生活を含め影響はかなり深刻になる」(早川支店長)など中期的な電力不足が課題に浮上している。

 生産能力が順調に回復している中で、減速感が強まっている海外経済の動向も気がかり。櫛田名古屋支店長は「需要面については、海外経済動向をリスク要因として意識していく局面になるだろう」と指摘している。

 (ロイターニュース 石田仁志、竹本能文、伊藤純夫;編集 北松克朗)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up