for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

円高への対応方針変わらず、市場動向を注視=野田財務相

 [東京 29日 ロイター] 野田佳彦財務相は29日閣議後の会見で、77円台で円高が続く為替動向について、「しっかりマーケットを注視する」と述べた。円高に対する政府の対応方針については、「為替の過度な変動、無秩序な動きに対する方針は変わらない」と述べ、為替介入も辞さない構えを示した。

 東日本大震災からの復興対策を盛り込む復興基本方針をめぐっては政府・与党間の調整が難航。復興債の償還財源として10兆円程度の臨時増税を明記した政府案に対して、党内から反発が相次ぎ、償還財源についての文言調整が続いている。基本方針に増税額を明記しなければ、具体的な税目の検討が難しくなるほか、予算編成にも支障をきたしかねない。

 野田財務相は、きょう午後に行われる党内の議論を踏まえて対応するとしながらも、「政府税調できちんと議論できる環境を整えるためには、基本方針はある程度明確であることが望ましい」と述べ、臨時増税の規模明記にこだわる姿勢を示した。最終合意の時期について「7月中の決着を目指す」とし、月内最終日の本日中の復興基本方針決定を目指す考えに変わりがないとした。

 民主党代表戦への出馬については「職責を果たすのみ」と述べるにとどめた。

 (ロイターニュース 吉川 裕子)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up