for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スイス6カ月物短期証券入札、初のマイナス金利

 [チューリヒ 23日 ロイター] スイス国債への需要が高まるなかスイス政府が23日実施した6カ月物の短期証券入札で落札利回りがマイナス1%となった。スイスの短期金利がマイナスとなったのはこれが初めて。

 スイス国立銀行(SNB、中央銀行)が公表した入札結果によると、88億2900万スイスフランの応札があったものの、落札は5億9980万スイスフランにとどまった。

 スイスフランの上昇を抑制するため、中銀はこれまでに政策金利の目標レンジを0.00─0.25%に切り下げ、さらに市中銀行が中銀に預け入れる当座預金の残高目標を引き上げるなどの措置を取っている。

 こうしたなか、スイスフランの2週間物LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)がマイナスに陥るなどの動きが出ていた。

 クレディ・スイスのカルステン・リノウスキー氏は「スイス中銀による大規模な流動性供給により金利がマイナスに陥るとの事態が現実化している。こうした状況下では、政府は短期債をマイナス金利で発行することができるようになる」と指摘。「こうした事態は、他の国が資金の借り換え問題に直面するなか、かなり特殊だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up