for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン金融街、11年に2.7万人が失業へ=シンクタンク

 [ロンドン 27日 ロイター] 英民間調査機関の経済ビジネス・リサーチ・センター(CEBR)は27日、ロンドンの金融街シティでは、欧州債務危機や英国の景気低迷、金融規制強化の見通しにより、今年2万7000人前後が職を失うとの見通しを示した。

 また、2011年の就業者数見通しを、28万8000人に下方修正した。これは1998年以来の最低水準。2007年のピーク時には、35万4000人だった。

 CEBRは4月に、2011年は2000人、2012年には3000人の雇用が創出されると推定していたが、現時点では、2012年の雇用は停滞すると予想している。 

 欧州債務危機が2年以上前に発生して以来、市場の活動や信頼感は低下の一途をたどり、ロンドンでは多数の投資銀行が利益維持のためコスト削減を強化しているほか、規制強化や増税の見通しから、さらなる対応を強いられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up