for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペインの大手行、破綻したCAMの入札に応じない方針=報道

 [マドリード 25日 ロイター] 地元のシンコ・ディアス紙とウェブサイトelconfidencial.comによると、スペインの大手銀行グループは、破綻した貯蓄銀行カハ・デ・アオロス・デル・メディテラネオ(CAM)をめぐる入札に、応じない方針を固めた。

 スペイン中央銀行が7月に事業を引き継いだCAMの入札には、中規模リテール行のサバデルSABE.MCのみが応札した。

 地元紙ABCによると、地方貯蓄銀行のイベルカハと、米ファンドのJCフラワーズも応札した。

 中銀は売却することを視野に、政府基金から合計58億ユーロをCAMに注入したが、民間機関はCAMの資産価値のさらなる悪化の可能性もあるとみている。

 スペイン大手行のBBVABBVA.MC、サンタンデールSAN.MCなどがCAMの部分的な資産に興味を示しているが、いずれも全体を買収するリスクには及び腰だ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up