for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バフェット氏、ペトロチャイナの全保有株を売却

 10月18日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏、自身の率いるバークシャー・ハザウェイが、保有していたペトロチャイナ株をすべて売却したことを明らかに。6月26日撮影(2007年 ロイター/Mike Segar)

 [ニューヨーク 18日 ロイター] 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は18日、自身の率いるバークシャー・ハザウェイBRKa.NBRKb.Nが、保有していた中国石油天然ガス(ペトロチャイナ)0857.HK株をすべて売却したことを明らかにした。

 同氏はフォックス・ビジネス・ネットワークでのインタビューで「価格を基に判断して売った」と述べ、「100%バリュエーションに基づいた決定だった」と付け加えた。

 また、売却以降ペトロチャイナ株はさらに上昇したことから、おそらく時期が早過ぎたとの見方を示した。

 バークシャーは一時、ペトロチャイナの上場株の11%以上を保有していた。

 これとは別に、バフェット氏はバークシャーが米ベアー・スターンズBSC.Nの株式を取得する可能性があるとのうわさを否定した。ベアー・スターンズは今年、傘下の2つのヘッジファンドの破たんや評価損の計上などに悩まされ、株価が27%下落している。

 同氏はまた、米住宅金融大手カントリーワイド・フィナンシャルCFC.Nと高級住宅建設ホブナニアン・エンタープライジズHOV.Nについても、株式を取得していないと述べた。カントリーワイド株は年初来61%、ホブナニアン株は同70%下落している。

 バフェット氏は、5月の株主総会で買い進めていると述べていた通貨が、ブラジルレアルだったことも明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up