for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米住宅価格、08─09年を通して下落=フレディマック

 2月26日、フレディマックの首席エコノミスト、米住宅価格は2008年から09年を通して下落し、差し押さえは増加し続けるとの見方示す。カリフォルニア州で昨年10月撮影した住宅販売の看板(2008年 ロイター/Fred Prouser)

 [ロンドン 26日 ロイター] 連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)FRE.Nのフランク・ノサフト首席エコノミストは、米住宅価格は2008年から09年を通して下落し、差し押さえは増加し続けるとの見方を示した。

 同氏は、米連邦住宅公社監督局(OFHEO)が算出する住宅価格指数は、今後2年半の間、最も高い水準から10%低下すると予想。これは、S&P/ケース・シラーの指数にあてはめると、17─18%の低下となる。

 同氏はまた、差し押さえは2007年に記録した130万件を上回る水準からさらに増加するとしている。

 「2008年は良い年にはならない。2009年に回復が見られるが、価格面での回復ではない」と語った。

 さらに、米景気後退入りの「かなりのリスク」があるか、もしくは、既に景気後退入りしている可能性もあると指摘。そのうえで、仮に景気後退を回避できても成長はかなり弱くなり、引き続き住宅市場を圧迫する、との見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up