for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日銀総裁候補の所信聴取で武藤氏への疑念払しょくされず=民主・仙谷氏

 3月11日、民主党・国会同意人事検討小委員会委員長の仙谷衆院議員は衆院で行われた武藤日銀総裁候補(写真)などへの所信聴取後、「武藤氏に対するわれわれの疑念を払しょくするには至らなかった」と述べた(2008年 ロイター/Issei Kato)

 [東京 11日 ロイター] 民主党・国会同意人事検討小委員会委員長の仙谷由人衆院議員は11日、衆院で行われた武藤敏郎・日銀総裁候補などへの所信聴取後、国会内で記者団に対し「武藤氏に対するわれわれの疑念を払しょくするには至らなかった」と述べ、「聴取後も武藤氏に対する私自身の評価は変わらない」と述べた。

 日銀正副総裁候補者への聴聞はこの後、参院でも行われており、民主党は聴聞結果を踏まえ、今夕にも武藤日銀副総裁の総裁昇格を柱とする政府案に対する賛否を決める予定。仙谷氏は「役員会でどういう結論が出るかわからないが、ここまでの役員会の流れ・雰囲気が大転換される感じはない」と述べ、武藤氏反対の公算が高まっていることを示唆している。

 人選で民主党が重視してきた「財政・金融の分離」、とりわけ財政当局に対する金融政策の独立性に関して武藤氏は「日銀法改正以降、独立性が制度的に担保されている。透明性も以前に比べて飛躍的に高まっているので心配ない」と答えたという。

 ただ、仙谷氏は、日本銀行がオペレーションとして毎月1.2兆円の長期国債買い入れを行ってきた問題点を指摘。日本銀行のバランスシート悪化につながっているのではないかとただしたが、武藤氏からは明確な答えはなかったという。

 同じく聴聞を行った中川正春議員(次の内閣・財務相)も、武藤氏について「財務省時代の政策、日本銀行にきてからのパーフォーマンスについてほとんど反省がなかった」と評価。バブルにつながった政策の失敗への反省がみられないことを問題視した。

 (ロイター日本語ニュース 吉川 裕子)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up