for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インタビュー:30年投信を年内設定へ=シブサワ&カンパニー・渋澤氏

 岩崎 成子記者

 [東京 18日 ロイター] シブサワ・アンド・カンパニーの渋澤健・代表取締役は、16日、ロイターとのインタビューで、独立系投信会社の立ち上げを準備中であることを明らかにした。準備が整いさえすれば、年内にも同社の旗艦ファンドとなる経営者と投資家の対話を目指した直販の「30年投信」を立ち上げたい考えだ。

 同社は、ヘッジファンドやベンチャーキャピタルファンドなどのオルタナティブ投資を専門とする独立系の投資コンサルタントで、澁澤氏は澁澤栄一氏の5代目子孫。

 インタビューの詳細は以下のとおり。

 ──渋澤氏はオルタナティブ投資のイメージが強い。個人向け長期投資の投信に参入することにしたきっかけは。

 「きっかけは幾つかあるが、ひとつは6年ほど前にさわかみ投信の澤上篤人氏にであったことが大きい。当時はセミナーの壇上でパネリストとしてお会いした。正直なところ(お会いする前は)話が合うだろうかと心配していたが心配は杞憂に終わった。話しはとても盛り上がり、澤上氏はめちゃくちゃ面白い人だった」

 「澤上氏の話は目からうろこだった。今までの自分の投信のイメージが覆されたといっていい。澤上氏は自分が直接、とことん個人投資家と語り合って、自分の考えに賛同できる人は来てもらっていいが、そうでない人は来てもらわなくてもいい、というスタンスだ。ヘッジファンドではよくある話だが、投信のファンドマネージャーがこんなことを言っていいのかと最初は思った。でも実は、投信にも個性があっていいわけで、投信でもオルタナティブができるということがわかった。それから試行錯誤が始まった」

 「また、自分と同じ考え方を共有できる人達との出会いもある。準備中の投信会社では、以前、外資系投資顧問会社キャピタル・グループでファンドマネージャー兼日本法人社長だった吉野永之介氏をファンドマネージャーとして迎えいれる予定だ」

 ──どんなファンドを立ち上げようと考えているか。

 「個人投資家がベースの長期投資のファンドで、個人も何に投資しているのかがきちんとわかる投資先企業と対話できるようなファンドにしたい。個人の長期投資を促すファンドであり、将来的に経営者にとって(投資されることに)価値のあるファンドになりたい」

 「ファンドやファンドマネージャーが企業価値創造をするというのはごう慢だと思っている。企業価値の根源は経営者や従業員、その会社が作り上げた商品やサービスを評価して購入する生活者にある。生活者がそっぽを向いてしまえば、その会社の企業価値は上がらない。そういう意味でファンドを通じ経営者と生活者が出会えるような対話できるようなファンドを考えている」

 ──ファンドと経営者が対話とは。

 「ファンドマネージャーが生活者の視点に立ち、足元の企業業績を評価するだけでなく、長期的な視点で企業の事業や経営サイクルに見合った成果を求めていく。経営者と対話するという意味ではアクティビストファンドではあるが、従来の村上ファンドに代表されるようなアクティビストファンドとは少し違う。最近はモノを申して意見が合わなければ叩くということがあるが、これに関しては世の中では意見が分かれるところだ。先のことを考えて生活する、先のことを考えて企業に投資する──つまり企業と共生し繁栄したい投資家もいるはずだ」

 「企業との対話を考えると、投資先は30銘柄程度を考えている。直接企業の株式に投資するスタイルをとる。海外企業への投資もありうるが、企業との対話をメインにした場合、まず最初は日本株でのスタートになるだろう」

 ──スタート時期は。ファンド名などは。

 「ファンドは出来るだけ早い時期にスタートさせたいが、今は会社を準備中だ。全ては希望的観測だが、夏にも本申請をし、秋にも登録が済めば、年内にもファンドを立ち上げたいと思っている。まだまだ関門はある」

 「自分たちの長期投資の目線は30年。ファンド名は未定だが、説明するのにわかりやすいので(立ち上げるファンドに関し)<30年投信>と言っている。設立準備中の投信会社名は<コモンズ投信>。共有地という意味のCommon ground(コモングラウンド)と投資顧問のコモンをかけた」

 ──夢は。

 「30年投信が30年後に世間に浸透していること。投信といえば30年投信が当たり前のことになっていることだ」

 (ロイターニュース 編集 宮崎 大)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up