for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

上半期ビール類出荷、サントリーが初の3位浮上・首位はアサヒ

 [東京 10日 ロイター] ビールメーカー大手5社がまとめた2008年1―6月のビール系飲料(ビール・発泡酒・第3のビール)の課税出荷量で、サントリー(大阪市)がサッポロビール(サッポロホールディングス2501.T)を抜き、シェアで3位に浮上した。

 7月10日、上半期のビール類出荷は、アサヒが首位。写真は北海道のビアホールで。2007年2月撮影(2008年 ロイター/Yuriko Nakao)

 サントリーが3位になるのは、1963年にビール事業を開始して以来初めて。

 シェアは、アサヒビール2502.Tが37.5%(前年同期37.4%)、キリンビール(キリンホールディングス2503.T)が36.7%(同37.3%)、サントリーが13.0%(同11.2%)、サッポロは12.1%(同13.2%)だった。

 サントリーは、高価格ビールの「ザ・プレミアム・モルツ」が1―6月で前年同期比20.3%増、第3のビール「金麦」が同37.4%増と好調に推移。加えて、他社と一線を画した価格戦略も奏功した。2月にキリン、3月にアサヒ、4月にサッポロと各社が順次値上げを実施するなかで、サントリーは、4月に業務用を値上げしたものの、9月まで家庭用の缶入りの価格据え置きを決めている。

 一方のサッポロは、エビスブランド全体で10.6%減となるほか、黒ラベルも前年同期を割り込んだ。サッポロでは「(消費者の)生活防衛意識の高まりで、店頭価格差の違いが予測以上に影響した」(広報)と分析している。

 サッポロとサントリーのシェアは、07年末には1.5%ポイント差だったが、今年1―3月にはサッポロ13.3%、サントリー12.8%で0.5%ポイント差まで迫っていた。

 一方、首位争いでは、アサヒがキリンを上回り、半期ごとのシェアでは、06年下半期以来4期連続での首位となった。 

 業界全体のビール系飲料の出荷量は減少している。5社合計は2億1672万8000ケース(1ケースは大びん20本)で前年同期比4.2%減となった。ビールが同7.6%減、発泡酒が同6.3%減となる一方、低価格な第3のビールは同7.2%増と増加した。

 各社別では、アサヒが4.2%減、キリンが5.9%減、サッポロが12.4%減とそれぞれ出荷数量を減らす中、サントリーは同10.8%増で一人勝ちとなった。

  (ロイター日本語ニュース 清水 律子記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up