for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米GMが破産法申請しても操業継続の資金ある=オペル

 4月16日、GM傘下のオペルはGMが破産法申請しても操業継続の資金があることを明らかに。3月撮影(2009年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

 [フランクフルト 16日 ロイター] 米ゼネラル・モーターズ(GM)GM.N傘下のオペルは16日、GMが破産法を申請したとしても、給与を支払い、操業を続ける資金があることを明らかにした。

 同社の広報担当者は「GMヨーロッパは別の流動性を確保している」と語り、この資金を給与支払いやサプライヤーへの返金、投資などに使うことを明らかにした。

 南ドイツ新聞は、特許権をオペルに戻すことで両者が合意に達したと報じたが、広報担当者はこの報道に対するコメントを控えた。同紙が関係筋の話として伝えたところによると、特許は米政府のGMへの緊急融資の担保として差し出されたが、オペルへの返還は政府の承認が必要になる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up