for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FRB議長の09年は経済課題と政治課題が目白押し

 [ワシントン 24日 ロイター] 2008年が米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長にとって困難な1年だったとしても、今年は厳しい経済課題の上に政治的課題が加わり、楽になること全くはなさそうだ。

 6月24日、今年のバーナンキ米FRB議長は、経済課題と政治課題が目白押し。4日撮影(2009年 ロイター/Molly Riley)

 任期終了を来年1月末に控え、議長としてさらに4年間の再任がなるかどうかは、政治・経済両面での落とし穴を避ける議長の手腕次第だろう。

 まず経済面では、米国の失業率が9.4%に達し、なお上昇していることから、一部でインフレ要因とも懸念されている非伝統的政策を用いて、18カ月に及ぶ景気後退からの回復を後押しするという課題に直面している。

 政治面では、金融監督システムの改革においてFRBが主導的役割を担うにふさわしい存在であることを議会に納得させなければならない。同時に、FRBが金融危機前とその後の一部の対応に失敗したとの批判にも対処しなければならない。

 24日には共和党議員が、昨年末のバンク・オブ・アメリカBAC.Nによるメリルリンチ買収の際、買収を妨害するようであれば辞めてもらうとFRBがケネス・ルイス最高経営責任者(CEO)を不適切に威嚇したと非難。政治家からのFRBへの批判が形となって表れた。

 バーナンキ議長はこの件の舞台裏で果たした役割について、下院監視・政府改革委員会で25日に証言する予定。同委員会の共和党トップであるダレル・イサ議員(カリフォルニア州)がFRBの「もみ消し工作」を非難している。

 FRBに対してこうした逆風が吹く中、オバマ大統領は1月31日に任期が切れるバーナンキ議長を再任するかどうか決めなくてはならない。また、決定については、バーナンキ議長の最大のライバルであるサマーズ国家経済会議(NEC)委員長が大統領に助言する。

 ドイツ銀証券(ニューヨーク)のエコノミスト、トーステン・スロック氏は「議長は本業とはかなり違う分野で、望まない火消し活動を強いられている。フェデラル・ファンド(FF)金利について思い悩む方がいいのは確かだろう」と指摘した。 

 <オバマ大統領による賞賛、市場の信頼> 

 オバマ大統領は23日、バーナンキ議長の金融危機への対応について「非常に困難な状況下で素晴らしい仕事をした」と評価したが、議長の再任を望むかどうかについては言及しなかった。

 ぶつぶつ文句を言う政治家もいることはいるが、バーナンキ議長は「今のところ」エコノミストの信認を獲得している。

 先に実施したロイター調査で議長の危機対応に関するエコノミストの評価は10点満点中8点だった。ただ、39人中4人はオバマ大統領がサマーズNEC委員長を後任FRB議長に指名すると予想した。

 現在バーナンキ議長は、インフレ抑制の維持に向けた議長の手腕に対する市場の信頼を無駄にすることなく、景気回復支援のため借り入れコストを低水準に保つという綱渡りを行わなければならない。

 政策金利をほぼゼロに引き下げた後、FRBは金融市場のその他の借り入れコストを引き下げるため、長期国債の買い入れに乗り出した。

 この戦略は金利押し下げに当初効果が見られたが、FRBの大規模な対策と米財政赤字の拡大がインフレを再燃させるのではないかといった懸念が強まり、長期国債利回りは上昇局面がしばらく続いた。

 24日の連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBは長期国債の買い入れ規模を据え置き、高水準の失業率と経済資源の緩みにより「インフレが今後も当面抑制される」との見通しを示した。

 UBSのエコノミスト、ジェームズ・オサリバン氏は「最も重要なことは、金融市場参加者の信認を確保することであり、現段階で大部分の信認は得ていると思う」と話した。

 <より速い車> 

 バーナンキ議長はまた、金融規制改革案の審議において、議会にFRBの権限を縮小させたり、独立性を損なったりさせないようにするだろう。FRBは最近、経験豊富なロビイストと契約を結んでいる。

 議会はFRBが金融危機のきっかけとなったサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手への住宅ローン)の厄介な拡大と、金融機関による必要以上のリスクテークを見抜けなかったと批判している。

 上院銀行委員会のドッド委員長(民主党)はFRBへのさらなる権限付与について「一家のステーションワゴンをこわしたばかりの息子に、両親がもっと大きくて速い車を与えるようなものだ」と批判した。

 しかしながらバーナンキ議長は議会でも、金融混乱時のぶれない対応や議会証言での率直さと忍耐強さを評価する議員から静かなる支持を得ている。

 議会関係者によると、議会では十分な票集めがとても不可能だったため、多くの議員はFRBが金融市場への流動性供給に関し、断固として行動したことに個人的に満足しているという。

 (Mark Felsenthal記者;翻訳 関佐喜子 ;編集 吉瀬邦彦)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up