for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミドルスキルの労働者、職探しに苦戦=米NY連銀

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀の当局者は21日、不況で職を失った、教育・建設などの分野に従事するミドルスキルの労働者の多くが復職できておらず、労働市場の状況を一段と悪化させているとの見方を示した。

これら労働者の所得水準は年2万5000ドル─5万ドル程度。ニューヨーク連銀の当局者は、ニューヨーク、ニュージャージー州北部、プエルトリコの労働市場の状況に関する記者説明で、過去3度の不況では、ハイスキルやロースキルの職種に比べ、ミドルスキルの職種で雇用が最も失われたと指摘。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は「これまで3度の不況で失職したミドルスキルの労働者が、その後の景気回復局面で必ずしも皆復職しているわけではない」と述べた。

ニューヨーク連銀が21日発表した調査によると、2007─2010年の間、ミドルスキルの労働力は9.3%減少。景気が上向き始めて以降は、1.9%増加した。

一方、法律や金融、医療の分野に従事するハイスキルの労働力は7.8%増加。これら労働力は、景気後退期にも1%増加していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up