for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホンダが15年型フィットの一部修理へ、最高品質評価獲得目指す

8月21日、ホンダは米道路安全保険協会から最高の安全評価を取得するため、2015年型小型車「フィット」の一部を回収して、前部バンパーを強化する。デトロイトで1月撮影(2014年 ロイター/Rebecca Cook)

[デトロイト 21日 ロイター] - ホンダ7267.Tは2015年型小型車「フィット」の一部を回収して、前部バンパーを強化する。通常のリコール(回収・無償修理)とは異なり、米道路安全保険協会(IIHS)から最高の安全評価を取得することが目的。ホンダとIIHSが21日明らかにした。

ホンダの米国での安全責任者チャック・トーマス氏によると、対象となるのは6月9日までに製造された1万2000台。同社は9月下旬に対象となる所有者に通知するとしている。

米保険業界の非営利団体であるIIHSの衝突安全性評価で最高の「トップ・セーフティー・ピック」を得るには、複数の試験で高い評価を得る必要がある。

ホンダは6月9日以降に生産したFITについては設計を見直し、前部バンパーを強化した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up