for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国太陽光パネルのインリーが予想上回る赤字、出荷見通し下げ

[27日 ロイター] - 中国の太陽光パネル大手、インリー・グリーン・エナジー・ホールディング(英利緑色能源)YGE.Nが発表した第2・四半期の決算は、予想を上回る赤字となった。

米国が中国と台湾から輸入する太陽光パネルに新たに適用した反ダンピング関税の悪影響が見込まれることから、同社は通年のパネル出荷予想を3.6─3.8ギガワット(GW)と、従来の4─4.2GWから引き下げた。

第2・四半期の最終損益は4600万ドル(米国預託株式=ADS1株当たり0.26ドル)の赤字と、前年同期の5230万ドル(同0.33ドル)から赤字幅は縮小した。

特別項目を除くADS1株当たり損失は0.26ドルと、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均の0.14ドルより赤字幅が大きかった。

売上高は5億4950万ドルと、前年同期の5億5040万ドルから減少。アナリスト予想平均は5億8800万ドルだった。

第2・四半期のパネル出荷は887.9メガワット(MW)となった。同社は870─950MWと予想していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up