for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武田薬品のアクトス訴訟、米裁判所が賠償金を大幅減額

[27日 ロイター] - 武田薬品工業4502.Tが糖尿病治療薬「アクトス」に発がんリスクがあることを隠していたとして訴えられた裁判で、米ルイジアナ州の連邦地方裁判所は27日、総額90億ドルの懲罰的損害賠償を3680万ドルに減額する決定を下した。裁判所資料で明らかになった。

武田薬品と販売で提携する米イーライ・リリーLLY.Nに対しては当初、総額90億ドルの懲罰的損害賠償の支払いが命じられたが、同裁判所のレベッカ・ドハーティ判事はこれを「行き過ぎ」とし、減額を求める製薬会社の申し出を認めた。

賠償金の内訳は、武田薬品が2760万ドル、イーライ・リリーが920万ドル。  

武田薬品の米幹部は減額決定は「正しい方向に向けた一歩」と評価したが、控訴する考えを示した。

イーライ・リリー幹部も、決定に異議を申し立てる方針を明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up