for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

11月経常収支は5カ月連続黒字、貿易・サービス赤字が縮小

 1月13日、財務省が発表した国際収支状況速報によると、11月の経常収支は4330億円の黒字となった。2014年2月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 13日 ロイター] - 財務省が13日発表した国際収支状況速報によると、11月の経常収支は4330億円の黒字となった。ロイターが民間機関を対象に実施した事前調査では1332億円の黒字(予測中央値)だった。黒字は5カ月連続。

貿易・サービス収支の赤字が縮小したほか、第1次所得収支の黒字幅が引き続き拡大した。

11月の輸出は半導体電子部品や科学光学機器を中心に増加し、前年比10.8%増の6兆3221億円となった。一方、輸入は液化天然ガスなどの増加を受け、2.2%増の6兆9590億円。貿易収支は6368億円の赤字となり、赤字幅が縮小した。

子会社から親会社へのロイヤルティ支払いなど知的財産権等使用料が黒字幅を拡大、訪日外国人旅行者の増加で旅行収支も2カ月連続の黒字となったことから、サービス収支も1063億円の赤字と赤字幅が縮小。貿易・サービス収支は7431億円の赤字となった。

第1次所得収支は前年比44.4%増の1兆2760億円の黒字となった。直接投資では再投資収益の受け取りが増加したほか、証券投資では債券利子の受け取りが増加。黒字幅は前年より3924億円拡大した。この結果、1月から11月までの第1次所得収支の累計は17兆0540億円の黒字となり、2013年暦年の16兆4755億円の黒字を上回った。

第2次所得収支は998億円の赤字だった。

石田仁志

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up