for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スイス経済、フラン上限撤廃の混乱に対処できる=財務相

 1月18日、スイスのビドマーシュルンプフ財務相(写真)は、同国がスイスフランの対ユーロ相場の上限撤廃による混乱を乗り切ることは可能との見方を示し、相場は1ユーロ=1.10フラン前後に収束すると予想した。15日撮影(2015年 ロイター/Thomas Hodel)

[チューリヒ 18日 ロイター] - スイスのビドマーシュルンプフ財務相は、同国がスイスフランの対ユーロ相場の上限撤廃による混乱を乗り切ることは可能との見方を示し、相場は1ユーロ=1.10フラン前後に収束すると予想した。

同財務相は現地紙ゾンタークスブリックとシュバイツ・アム・ゾンタークのインタビューで「スイス経済は今回の決定に対処することができると確信している。国内企業は、上限が設定された2011年当時よりはるかに良好な状態にある」と述べた。

対ユーロでの上限撤廃により、スイスフランは大幅上昇。高級品や観光業を中心に、同国企業は収益が目減りするとの懸念を示している。

機械・電子機器・金属加工業の業界団体の責任者を務めるハンス・ヘス氏は現地紙に対し、スイス企業の5分の1は「経営存続の危機」に直面していると主張。「上限撤廃により雇用は失われるだろう。ただ、業界は2011年のユーロ危機を乗り越えたように、今回も対処できるだろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up