for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロが対ドルで03年4月以来の安値更新、ECB量的緩和開始で

 3月10日、外国為替市場でユーロが対ドルで1%以上下落し、2003年4月以来の安値を更新した。写真はユーロ、ドル紙幣。サラエボで2015年3月9日撮影。(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 10日 ロイター] - 10日の外国為替市場でユーロが対ドルで1%以上下落し、2003年4月以来の安値を更新した。欧州中央銀行(ECB)が前日、量的緩和措置として国債買い入れを開始したことが背景。

ユーロ/ドルEUR=は一時1.1%安の1.07305ドルまで下落。ユーロ/円EURJPY=は0.9%安の130.305円まで下落し、6週間ぶり安値をつけた。

アイロンFXグローバルのアナリスト、チャララムボス・ピソウロス氏は、「ECBが量的緩和策を開始したことで欧州の国債利回りに低下圧力がかかり、ユーロの重しになっている」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up