for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米財務省が4─6月に債務返済中止、手元資金確保優先=当局者

[ワシントン 4日 ロイター] - 米財務省が手元資金を多めに確保しておく必要があるとの考えから4─6月期の債務返済計画を一時中止していることが4日、財務省当局者の話で明らかになった。

同当局者は匿名を条件に記者団に対し、予測不可能な市場機能の混乱などが起きた場合に備え、米政府はより多くの手元資金を確保しておく必要があるとの諮問委員会の答申があったことを明らかにした。

政府はこれまで4─6月期に70億ドルの債務を返済するとしていたが、財務省発表の声明は、同期間に590億ドルの市場性証券を発行するとしている。

こうした変更により6月末時点で国庫には2600億ドルの現金が残ることになり、従来の1500億ドルからかさ上げされる。

政府が手元資金を多く確保していれば、連邦債務上限の引き上げが遅れた場合に対処がしやすくなる。議会関係者によると、次回の債務上限の引き上げ期限は10月もしくは11月になる見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up