for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タカタ製エアバッグ関連で7人目の死亡事故の可能性、米当局が調査

 6月10日、米道路交通安全局(NHTSA)は、ルイジアナ州在住の女性が2005年に、ホンダ車を運転中に、搭載したタカタ製エアバッグの欠陥が原因で死亡した可能性のある事故について調査していると明らかにした。2014年11月撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)は10日、ルイジアナ州在住の女性が2005年に、ホンダ7267.T車を運転中に、搭載したタカタ製エアバッグの欠陥が原因で死亡した可能性のある事故について調査していると明らかにした。

タカタ製エアバッグの欠陥に関連した7人目の死亡事故となる可能性がある。

NHTSAのスポークスマンは「衝突事故のことは認識しており、製造業者と被害者家族の弁護士から情報を収集している」と明らかにした。

被害者の家族は8日、ホンダとタカタを相手取り訴訟を起こしている。

タカタの広報担当者はコメントを拒否している。ホンダは情報収集に努めている、とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up