for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

二国間融資やSDR通じたIMF財源強化、検討する用意ある=独財務相

[ブリュッセル 30日 ロイター] ショイブレ独財務相は30日、二国間融資や特別引き出し権(SDR)の拡大を通じた国際通貨基金(IMF)の財源強化案について、検討する用意があるとの見解を示した。

ドイツはこれまで、SDRは独連銀の管轄とし、SDRを通じたIMFの財源拡大には反対する姿勢を示していた。今回の発言は、29─30日の欧州連合(EU)財務相会合での協議を経て、ドイツが反対姿勢を軟化させたことを示している。

ショイブレ財務相は記者団に対し、最終的には独連銀の判断に委ねられるとしながらも「二国間融資を通じて、IMFの財源を強化する用意がある」と述べた。

また「IMFがSDRを拡大することで、対応余地を広げたいとの意向であれば、これについても検討する用意がある。ただ、これはIMFの措置に関するものと明言しておく」とした。場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up