for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米控訴裁、GEによる風力発電特許訴訟1件の審理を差し戻し

[東京 1日 ロイター] 三菱重工業7011.Tは1日、米ゼネラル・エレクトリックGE.Nが三菱重工を相手取った風力発電用の風車に関する特許訴訟で、米連邦巡回控訴裁判所が1件について、三菱重工の特許侵害はなかったとする米国際貿易委員会(ITC)の決定を支持せず、さらなる審理が必要としてITCに差し戻す判決を出したと発表した。

控訴裁判所は、GEによる3件の特許侵害訴訟のうち、他の1件についてはITCの決定を支持し、もう1件は2011年2月に権利期間が満了になったとして審理対象から外した。

三菱重工は、差し戻し審理対象の特許についても侵害しておらず、関税法337条違反もしていないと考えており、今後、必要な措置を講じていくとしている。また、今回の判決により、訴訟の対象となっている三菱重工の2.4MW風車の米国への輸入が直ちに差し止められることはないという。

ITCは差し戻し審理を行った後、最終決定を行う。

三菱重工とGEは、風力発電技術をめぐり訴訟合戦を繰り広げている。ITCは2010年1月に、三菱重工がGEの風力発電技術の特許を侵害した事実はないとの判断を下した。GEはこれを不服として同3月に控訴した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up