for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

12年米自動車魅力度調査で1位はポルシェ、高級車が上位独占

[25日 ロイター] 米調査会社JDパワー・アンド・アソシエイツが発表した2012年米国自動車商品魅力度調査(APEAL)によると、独自動車大手フォルクス・ワーゲン(VW) VOWG_p.DE傘下のポルシェPSHG_p.DEが魅力的な自動車第1位となった。

第2位以降も高級車が上位を占め、ジャガーTAMOJL.UL、BMWBMWG.DE、アウディNSUG.DE、メルセデス・ベンツDAIGn.DE、ランド・ローバーなどが続いた。

米国車で最も順位が高かったのは、ゼネラル・モーターズ(GM)GM.Nのキャデラックで8位。7位はトヨタのレクサス。

一方で下位は日本車が占めており、最下位から下位5位までにはスズキ7269.T、ダイムラーのスマート、三菱自動車7211.T、スバル7270.T、トヨタ7203.Tの「サイオン」が含まれている。

APEALでは、新車を購入・リースしてから90日後の満足度を調査しており、2012年に発表された新車を購入・リースした7万4000人以上の対象者からの回答を基に作成された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up