for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ルノーCEO、フランスでの日産車生産に同意=仏生産力再建相

[パリ 18日 ロイター] フランスのモントブール生産力再建相は18日、RMCラジオのインタビューで、自動車大手ルノーRENA.PAのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)が日産自動車7201.Tの車をフランス国内の稼働率の低い工場で生産することに同意したと述べた。

同相は、ルノーが労組に対し、今後4年間で7500人の人員削減を計画していることを通知した後に日産自動車のCEOも兼務するゴーン氏と話し合ったという。

同相はゴーンCEOに「日産のトップでもあり、ルノーが日産をコントロールしているのだから、日産はフランスの工場の支援に来るべきで、フランスの生産ラインに仕事をもたらすべきだ」と伝えたとしている。

フランスのルノー工場が日産車を生産するのか、との質問に同相は「私が要請したのはそのことだ。答えは『イエス』だった」と述べた。

一方、ルノーは日産車をフランスで作る決定はまだ下されていないとしている。

モントブール生産力再建相のコメントについて質問されたルノーの販売責任者、ジェローム・ストール氏は同日、記者団に対し、「きょう現在、決定は下されていない」と答えた。

フランス政府はルノーに15%出資、ルノーは日産に43.4%出資している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up