for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式=ジャカルタ反発、他の市場は総じて下落

[シンガポール 11日 ロイター] -週末11日の東南アジア株式市場では、ジャカルタ市場が逆行高となった。インドネシア総選挙で最大野党が勝利したことで、投資家の間には政治的不透明感が広がった。これにより下落していた大型株に安値拾いの買いが入った。

前日には3%超下落していた総合株価指数.JKSEは、1.07%高の4816.58で終了。急落していたマンディリ銀行BMRI.JKや国営ラクヤット・インドネシア銀行(BRI)BBRI.JKなどが買われた。同指数は週間では0.9%安。

他の市場は総じて下落。シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI).FTSTIは0.17%安の3198.22、クアラルンプール市場の総合株価指数.KLSEは0.37%安の1852.66、バンコク市場のSET指数.SETIは0.03%安の1389.16でそれぞれ引けた。これら3市場は週間ベースでもマイナスとなった。

マニラ市場の主要株価指数PSEi.PSIは0.63%安の6596.96、ホーチミン市場のVN指数.VNIは0.13%安の600.57で終了。両市場は週間では上昇し、0.6%高と1.3%高だった。

バンコク市場は来週、14日と15日が祝日休場となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up