for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2月米住宅建設業者指数、07年5月以来の高水準に

[ニューヨーク 15日 ロイター] 全米住宅建設業者協会(NAHB)/ウエルズ・ファーゴが15日発表した2月の住宅建設業者指数は29と、2007年5月以来の高水準となった。

1月の25から上昇し、市場予想の26も上回った。2011年9月以降で15ポイント上昇しており、住宅市場が底入れしつつあるとの楽観的な見方を裏付けている。ただ、2006年4月以降、分岐点となる50を下回っている。

NAHBの首席エコノミスト、デビッド・クロウ氏は声明で、指数の上昇は歓迎するべきことだが、依然として住宅市場を圧迫する要因が数多く存在すると指摘。

そのうえで、「差し押さえ物件がいまだに新築住宅販売の妨げとなっており、多くの住宅建設業者から住宅査定額が建設コストを下回るとの声が聞かれる。加えて、住宅購入希望者が住宅ローンの審査に通りにくいことも圧迫要因の一つだ」との見解を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up