for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

利根川水系の汚染問題、埼玉県が「DOWAハイテック」に対し報告徴収

[東京 25日 ロイター] 埼玉県は25日、利根川水系の浄水場で基準を超えるホルムアルデヒドが検出された件で、原因物質ヘキサメチレンテトラミン(HMT)を取り扱う「DOWAハイテック」(埼玉県本庄市)に対し、産業廃棄物処理法に基づく報告徴収を行うと発表した。提出期限は30日。

「DOWAハイテック」の産業廃棄物処理の実態を明らかにし、不適正な行為が行われていた実態が判明した場合には、必要な措置を講じるとしている。

「DOWAハイテック」は、DOWAホールディングス5714.Tの事業子会社DOWAメタルテック傘下の製造子会社。

埼玉県によると、HMTを取り扱っている「DOWAハイテック」に立ち入り調査を実施した結果、HMTを高濃度に含む廃液を、産業廃棄物として、利根川流域にある産業廃棄物処理業者に処理を委託していたことが判明した。「DOWAハイテック」は、5月19日以降、この業者への委託を取り止めている。

また、埼玉県は、HMTを取り扱っている残る業者に対しても、立ち入り調査を実施している。

東京株式市場では、DOWA株が大幅に下落。終値は、前日比54円安の443円となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up