for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野田首相がIMF専務理事と会談、「一方的な円高は悪影響」

7月6日、野田佳彦首相は、ラガルドIMF専務理事と会談し、「一方的に偏った円高の進行により、景気マインドなどに深刻な悪影響を受けている」と指摘した。代表撮影(2012年 ロイター)

[東京 6日 ロイター] 野田佳彦首相は6日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事と会談し、「ユーロ圏の問題に起因する市場の動揺、とくに日本経済の実態を反映しない一方的に偏った円高の進行により、震災から立ち直りつつある(わが国の)景気マインドなどに深刻な悪影響を受けている」と指摘。ユーロ圏の問題が現在の世界経済にとって最も重要な課題だと伝えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up